株式会社ロングライフ「あなたの幸せになること」

サンビーマーの使用方法(詳しい動画で解説)

医療従事者、医療関係者への情報提供ページです。一般の方への情報提供は行っておりません。

ご自宅での治療をご希望の方は、ご家庭で使用できるサンマットをご紹介しております。
家庭用温熱治療器サンマットについてはこちらへどうぞ。

サンビーマーの使用方法はとても簡単です。照射時間、照射出力(温度)の設定を行いスタートボタンを押すだけで、常時付き添いの必要はありません。

具体的な使用方法を動画でご説明いたします。

サンビーマー各部の紹介

不妊治療専門クリニックや整形外科、産婦人科、鍼灸院などに数多く導入されているサンビーマーの各部の紹介です。


操作部分はタッチパネル式で大変シンプルです。
タイマーはスタート時設定で30分まで5分単位、温度出力は10%単位で設定が可能です。

稼働中は常時空冷ファンが回り続けることで、体表面の温度を優しくケアしながら本体のサンビーマーの基盤の温度も上げないように設計されています。

低温火傷などの心配がありませんので施術者は常時付き添う必要がなく安全に治療を行うことができます。

忙しい治療環境の中でも短時間の操作ですので、人手を割くことがありません。

サンビーマー操作説明

サンビーマーの実際の操作のご様子をご紹介いたします。

主電源ONのあと正面左側の矢印でタイマー設定は5分単位、右側の矢印で温度出力設定は10%単位で行うことが可能です。設定が終わればスタートボタンを押して治療開始になります。

治療時間は1回30分までです。

サンビーマー治療中の設定変更方法

サンビーマー治療中の設定変更の方法をご説明いたします。

サンビーマーは主電源ONで治療開始後にタイマー設定、温度出力設定を変更することが可能です。スタートボタンを押して治療が開始されたあと、タイマー設定の上下矢印は1分単位でタイマーの設定が行えます。

また、同じく温度出力設定も変更がかのうですが、こちらは10%単位の変更に変わりありません。

設定変更後は再度スタートボタンを押すことでリスタートとなります。

サンビーマー終了時の作業について

サンビーマーは設定時間が終了しタイマーが0になると終了音が鳴り、治療の終了をお知らせします。終了音が消えると加温中のランプが消灯し、冷却中のランプが点灯します。

次の患者様を引き続き治療する場合には、そのままスタートボタンを押して継続してサンビーマーを使用することが可能です。この際には直前に設定したタイマー、温度出力設定が引き継がれます。

次の患者様がない時、治療時間の終了などサンビーマーの電源を落とす場合には、冷却ランプが消灯するのを待ってから主電源をOFFにするようにご注意ください。

サンビーマー実際の使用の様子

サンビーマーを使用する場合には、患者様の体表面とサンビーマー照射面の距離は約30cm程度とします。

距離の調整はアーム部分を上下して調整を行います。女性でも片手で簡単に操作することができます。

タッチパネルの温度設定を変更せず、体表面との距離を調整することで患者様に与える温熱の量を調整することも可能です。患者様から熱すぎる、低すぎるなどのお声があった場合にはこのようにして調整してください。

お問い合わせはこちらから

お電話しても良い時間帯
午前中12時〜13時13時〜14時14時〜15時15時〜16時16時〜17時

サンビーマーお申込み内容
サンビーマー資料請求サンビーマー電話での説明サンビーマー実機でのデモ申込みサンビーマーお見積もり

サンマットお申込み内容
サンマット資料請求サンマット電話での説明サンマット実機でのデモ申込みサンマットお見積もり

ご入力内容をご確認のうえ、「この内容で送信」ボタンをおしてください。送信が完了すると自動返信メールが届きます。内容を確認次第お返事いたしますので、しばらくお待ちください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社ロングライフ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.